スマホで見つける、もっと可愛い私

Apple IDを新規作成する方法は?それぞれ解説していくよ!

Apple IDを新規作成する方法は?それぞれ解説していくよ!

iCloudやApp StoreなどAppleのサービスを利用するには、「Apple ID」というアカウントが必要になります。

iPhoneやiPadなどApple製のデバイスを初めて購入した方は必ず作成しておきたいところですが、Apple IDを作成する方法はいくつかあります。

今回は、Apple IDを新規作成する方法や注意点、作成できないときの対処法について解説していきます!

Contents[OPEN]

Apple IDの新規作成をしたい!基本をおさらい!

Apple IDの新規作成方法を知る前に、まずはApple IDとは何なのか、どういった時に使うのか基本を改めておさらいしておきましょう!

Apple IDとは?

「Apple ID」とは、iCloudやApp Store、iTunes StoreといったAppleの様々なサービスを利用するために必要となるアカウントのことです。

新しいデバイスやサービスの利用を始めるには、Apple IDとパスワードを入力してアカウントにサインインする必要があります。

Apple IDの作成には、氏名や住所、生年月日、メールアドレス、電話番号、支払い情報などの登録が必要で、作成時に設定したメールアドレスがそのままApple IDになります。

なお、Apple IDはiPhoneやiPad、Macなど全てのデバイスと共有できるため、複数のデバイスを所有していてもApple IDはひとつ作成しておけば問題ありません。

Apple IDがあれば様々なサービスが使えるよ!

Apple IDがあれば、Apple が提供している様々なサービスを使えるようになります。

Apple IDを使用する主なサービスは以下の通りです。

  • App Store
  • Apple Books
  • Apple Music
  • Apple Pay
  • FaceTime
  • Game Center
  • iCloud
  • iMessage
  • iTunes
  • iPhoneを探す
  • ファミリー共有

参照:Appleサポート

これらのサービスのデータはApple IDと紐づけられています。

Apple IDを忘れてしまうとサービスも利用できず、データにもアクセスできなくなってしまうため、忘れないようにしっかりと管理しておきましょう。

Apple IDの新規作成する方法①「設定アプリから作成する」

iPhone・iPad・iPod Touchの場合は、「設定」アプリからApple IDを作成することができます。

では、「設定」アプリから作成する場合の手順を詳しく見ていきましょう。

手順①設定アプリの「iPhoneにサインイン」を選択する

まずは、iPhoneで「設定」アプリのアイコンをタップして設定画面を開きます。

「設定」アプリのアイコンをタップ

設定画面を開くと、一番上に「iPhoneにサインイン」と表示されるのでそれをタップしましょう。

「iPhoneにサインイン」をタップ

iPhoneで別のApple IDにサインインしていると「iPhoneにサインイン」が表示されないので、その場合はApple IDからサインアウトして下さい。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。