スマホで見つける、もっと可愛い私

iPhoneの『書類とデータ』を削除してストレージを増やす方法を徹底解説!

iPhoneの『書類とデータ』を削除してストレージを増やす方法を徹底解説!

iPhoneの容量が足りなくなったときは、いろいろなデータを削除して空き容量を作りますよね。

それでもiPhoneの空き容量が増えないとき、ストレージを確認すると『書類とデータ』が多すぎることありませんか?

この記事では、iPhoneの『書類とデータ』の基本情報『書類とデータ』ストレージが増える原因を解説します。

また、『書類とデータ』の削除方法などを詳しく紹介していきます。


【iPhone】ストレージの『書類とデータ』とは?

POINT

  • 『書類とデータ』とは写真やアプリなどのキャッシュや履歴などのこと
  • 『書類とデータ』が溜まりすぎるとiPhone事態に不具合が出ることも

iPhoneの『書類とデータ』とは、どういったものを指すのでしょうか?

『書類とデータ』っていったい何?

iPhoneの写真や動画、音楽ファイル、LINEのデータ、ダウンロードした漫画など、アプリを使うときのキャッシュ・設定・履歴のようなさまざまなデータが『書類とデータ』としてストレージに保存されています。

『書類とデータ』が増える原因は?

写真や動画を保存したり、音楽をダウンロードすると『書類とデータ』の容量が増えます。

また、Safariでインターネットに接続していろんなページを閲覧したり、アプリを使用する際にもキャッシュは溜まるので、iPhoneを長く使うほど『書類とデータ』は増えるんです。

『書類とデータ』が溜まりすぎるとどうなる?

データが溜まりすぎると、iPhoneのストレージの空き容量がどんどん圧迫されていきます。

その結果、iPhoneの動きが遅くなる、アプリをダウンロードできない、写真や動画が保存できないという端末のトラブルに繋がります

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。