スマホで見つける、もっと可愛い私

【iPhone】スクリーンタイムの使用時間がおかしい!対処法を解説

【iPhone】スクリーンタイムの使用時間がおかしい!対処法を解説

iPhoneで使ったアプリやアクセスしたWebサイトなど、自分や家族がiPhoneをどのように使ったかデータとして取得できる機能がスクリーンタイムです。

この記事では、iPhoneのスクリーンタイムで表示される使用時間のデータが実際と違う場合、どのような方法で問題を修正できるかご紹介します。

【Gmail】未読が消えないときの原因&対処法!iPhone・Androidで解説
iPhoneが圏外になる・アンテナが立たない!原因と対処法を解説

Contents[OPEN]


【iPhone】スクリーンタイムの使用時間がおかしい!これってバグ?

みなさんはiPhoneのスクリーンタイム機能を活用しておられるでしょうか。

iPhoneを手に取って操作し始めると、いろいろなアプリを起動させて操作してしまい、気づいたら何時間もiPhoneを使っていたということはありませんか?

iPhoneのアプリやWebサイトごとに秒単位で使用時間を表示し、iPhoneの使用時間を管理するのに活用できるのがスクリーンタイム機能なんです。

大変便利な機能ですが、表示される使用時間が実際とは異なる場合があるようです。

【iPhone】ストレージが表示されない・読み込めない!対処法を解説

バグの可能性がある

まず紹介したいのは、なぜiPhoneのスクリーンタイムの使用時間がおかしくなるのかということです。

考えられるのは、スクリーンタイム機能にバグが起きていることです。

バグとは、ソフトウェアの誤作動を引き起こすコンピュータプログラム中の欠陥で、バグによる不具合の典型的な症状としては、ユーザーの操作に応答しなくなったり、設計意図と異なる挙動をしたりすることなどがあります。

バグ以外の原因もあるので確認しよう

iPhoneのスクリーンタイムで表示される使用時間が実際と異なる原因は、スクリーンタイム機能のバグだけではなく、iPhoneの設定の問題やiPhoneで起きている不具合などもあります。

【iPhone】スクリーンタイムのバグを解決したい!知っておきたいこと

ここでは、スクリーンタイムについて、知っておきたい4つのポイントをご紹介します。

iPhoneを重ねて充電するやり方をご紹介!PowerDrop導入は?

使用アプリの切り替えで使用時間が変わる場合がある

1つ目は、iPhoneで使用しているアプリを切り替えると、使用時間が変わる場合があることです。

例えば「LINE」アプリを開いて友達が送信したメッセージに添付されているURLをタップしたとします。

iPhoneの場合は「Safari」アプリが立ち上がり、タップしたURLのWebページが表示されますよね?

ここで注意したいのは、使用時間は「LINE」アプリではなく「Safari」アプリのものとしてカウントされるということです。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。