logo_hatebu logo_line
検索

スマートフォンをもっと便利に、生活をより豊かに

アプトピ

【TGS2017】美少女・イケメン好きアプリゲーマーの歩んだ道と後悔【実録】

【TGS2017】美少女・イケメン好きアプリゲーマーの歩んだ道と後悔【実録】

こんにちは。終わってしまいましたね、TGS2017が。それでも書きますよレポートを。今回は、実際に私が回ったブースと、そこで気になったもの、そしてTGS終幕後に感じている抱えきれない後悔を、誰の心にも寄り添わず自分の心に寄り添って書いていこうと思います。見どころや新情報もあります。楽しかった思い出も語ります。でも、それでも、私が伝えたいのは『後悔』―――来年からTGSに行く人は、私という失敗から何かを学んでほしいです。

まさみの基本情報

  • 職業ライター
  • TGSには仕事に役立つかもしれないと思っていった(具体的な何かは考えていなかった)
  • ゲームは幼少期に付き合い程度、2×才で急にアイマスと乙女ゲームに目覚めた
  • その後現在のお仕事にいたり、アプリゲームを中心にプレイするようになる
  • ここ2年でプレイしたアプリゲームは150はあるんじゃないかな
  • 好物は美少女とイケメン(ただし3次元に反応することはあまりない)



こんな人間がこんなテンションでTGSを回りました。

初日の開場直後に長蛇の列なら、その日はもう絶望的

今回のTGSで何かと話題になったラブプラスEVERY。正直、私の一番のお目当てはラブプラスEVERYのVR体験でした。だから入場と同時にKONAMIブースに駆け付けたんですが、マフィア梶田さんによるVR体験レポートをどうしても見たかったんですよね。だから並ばずにステージ前で観覧していました。ステージは楽しかったです。でもですね、ステージが終わったのが多分10:45。TGS2017の開場が10:00。45分ですでに2時間待ちの列だったんです。

迷いました。今日はビジネスデイ。私は仕事で来ている。2時間を一つのアプリに費やすより、たくさんの情報を得たほうがきっとみんなの役に立つんじゃないか。私は何をほうっぽっても凛子に会いたい。それでも、他にやるべきことがあるんじゃないか。それに、もしかしたら夕方には人が減っているんじゃないか……!

東京ゲームショウのラブプラスに登場する彼女たちのパネル

結果ブースを後にしたんですが、間違いでしたね。当て所もなくふらふら彷徨うより、おそらく「これ!」と決めたものに並んで、頭をスッキリさせてから回った方が効率がいいです。あれも~これも~とふらふらするのは良くなかった。なにより、朝一で2時間待ちのものが夕方空いているとかありえない

これと決めたものは列の長さにひるんでも並ぼう

まさみ、彼女に会えなくても高い彼氏力を見せつける

そんなわけで凛子にも愛花にも寧々にも会えず悲しみに暮れた中、私が唯一ラブプラスと触れ合えたのは会場に落ちていた公式ガイドでした。入場時に無料で配布される公式ガイドは、裏表紙に愛花と凛子と寧々が3人そろっていて、かなりテンションが上がりました。ただ、雑踏の中でどなたかが落としちゃったみたいなんですよねー…公式ガイド。愛花と凛子と寧々がこちらを見ている状態で。

TGSマップの裏面
裏表紙の3人を見てください

……彼氏として、見過ごせないじゃないですか。気づいていないひなこさんと会話しながら流れるように拾いましたよね。気づかなかった人に踏まれちゃったら可哀想じゃないですか。ましてや、この会場にはたくさんの彼氏がいる。踏んじゃった人が彼氏なら、その人の心も傷ついてしまうじゃないですか……。

しゃがんだ私に一瞬にして状況を把握したひなこさんが「(たぶん彼女たちが可愛くて拾ったんだと思うけどもう既にパンフレット持ってるのに)まさみさん、それどうするの?」と聞いたので、私は微笑んでバッグにしまいましたね。え、誘拐? 何のことですか?

TGSマップの裏面
だから私の手元には2冊の公式ガイドがあります

きっと今頃落としてしまった彼氏は後悔しているんじゃないでしょうか。

彼氏は彼女を落とさないようにしよう

女性向けブースは空いているかと思いきや、やはり結構並んでいた

女性向けゲームは、秋に池袋で大きな展示会があるので、そちらのイメージが強い方もいると思います。実際私もTGSの名前は知っていましたが、女性向け出展はそんなに盛り上がっていないだろうと思っていました。が、結構大きな間違いでした。

私たちが見てきた女性向けゲームの主な出展はこんな感じ。

うたの☆プリンスさまっ♪のリズムゲームであるシャニライ。このブースでは、なんと1対1でお好きなアイドルと触れ合える体験ができました♪ こちらもビジネスデイ初日で結構な待機列がありました。ので、やはり諦めました。

TGSのクラブ(Klab)ブースのシャニライ(うたプリ)

DMMの有名ゲーム刀剣乱舞。私たちがもたもたしていたせいでこちらのAR体験はもう終了しており、たどり着いた時には、ただただモニターでいちにいが微笑んでいました。失意の中、ひなこさんが「ほら、まさみさん、イケメンいるよ!」って励ましてくれたので「一期一振って言うんだよ……」って教えてあげました。一期が私の崩れ落ちそうな心を支えてくれました。

TGSの刀剣乱舞のARパネル

あとはひなこさんが強く反応を示した「VR面会」という面白げな企画をしていた囚われのパルマ。うちのゲーオタトモトモさんとも囚われのパルマの話をよくします。あ、彼が女性向けゲーム愛好家というわけじゃないです。ゲーオタとしても気になる存在らしくて。このパルマの出展も大人気で、通りかかったときにはすでに待機列打ち切り状態でした。

TGSの囚われのパルマVR面会の列

あとはTGSの女性向け企画と言えば、いつも話題をさらっていくボルテージ。今年は挙式VRということで、こちらも人が殺到していました! VR挙式体験って浪漫だと思うんです……。また、見逃せないリアルイケメンも。ロマ君、もうイケメンという言葉で表現しきれない美しさでした。

TGSのボルテージブースで登場したリアルイケメンのロマくん

イケメンとかじゃなく、色遣いから可愛いのが「ミラクルニキ」のブース。ミラクルニキは私がこの記事で絶賛していますが、ディテールが凄いしキャラクターが可愛いし、評価基準もしっかりしてるし服のバリエーションが凄いし、本当に心からおすすめの着せ替えゲームです。無料でこのクオリティはヤバい。私が記事を書いた当初はまだあまり認知されている印象がなくて、クオリティの高さから考えると不思議だったんですが、最近はあちこちでニキの話題を聞きますね。本当におすすめです。

TGSのミラクルニキブースは白とピンクで可愛いお部屋

ピンクに囲まれたかわいいニキらしさあふれる部屋でパシャリ。女子力ぅ↑↑

ほんの一部しかご紹介していませんが、女性向けブースも活気にあふれていました。どうしても男性向けゲームや一般向けゲームの方が数は多いのですが、一つひとつのものをじっくり見たくなっちゃいますし、体験するなら並ばないといけないので、何もすることがないっていう状態にはならないですよ。正直、今まで「イケメンゲーム中心プレイヤーの私が行っても見るところ少ないかなー」とTGSに関心を持っていなかったのを後悔しました。

女性ゲーマーも積極的に並んだり写真を撮ったり楽しもう

ひなこ、イケメン企画という天才的ひらめきを突きつける

会場内を歩いていると、やはりつい目を奪われるのは美女コンパニオン。まさみも例外なくキャッキャ言いながらひなこさんに「ねえ、あの人の写真撮って~」とお願いしていました。だってすごいんですよ、現実的に着られるとは思えない布面積の少ない衣装を着た美女が、手の届きそうな場所に立ってるんですよ! キレイ! だけど心配になるからあまり動かないでほしい!! 立っているだけで十分ですよ!

TGSで見かけた布面積の少ないお姉様

調子に乗ってお願いしていたら「ねえ、他の媒体さんが既に魅力的に撮影している人を自分たちも撮影してどうするの? 私たちはそうでないものを届けるべきではないんですか?」というドストレートな正論をかましてくれたうえ、「そう、私たちが撮るべきなのはイケメンでしょう!? イケメン探しに行こう」と率先してイケメンを撮ってくれました。

LetItDieのイケメン黒人SPの方々

まさみは3次元イケメンには2次元ほど強い関心はないのですが、私たちが皆さんに何を届けられるのか、こんなに楽しい場所でも真摯に考え続けているひなこさんの心がイケメンだと思いました。発想力や企画力で負けてるつもりなかったのに…! 悔しい。

既存の発想にとらわれない楽しみ方もできるので、自分だけの楽しみ方を見出そう

関連記事:【TGS1日目】TGSでただならぬイケメン探してきた【ビジネスデイ】

撮影スポットが死ぬほどある

TGSっていうとゲーム好きな人たちが集まる場所であって、インスタと対極的な位置にあると思うかもしれませんが、実際にはかなり趣向の凝らされたフォトブースがたくさんあり、インスタ映え抜群だと思いました。どのような方向性で映えるかについては言及していません。

TGSのブシロードブースになっていたラブライブパネル

キャラクターパネルが一堂に会するなんてなかなかないことですし、ここはどこかのテーマパークか、それともゲームの中の世界に迷い込んだかと錯覚するようなフォトブースもあります。

TGSのモンハンのモンスター

あとモーグリとスライムが浮かんでました。好き。

TGSのスクエニブースに浮かぶスライム

ぶっちゃけ、インスタをやってないことを後悔するレベルです。写真が嫌いすぎて写真に写すなら全身にモザイクをかけろと言い出す私ですら、ここで写真撮ったら絶対楽しいって思うところばかりでした。念のため言っておきますが、私、社会的に顔を出したらまずいレベルの不細工なだけであって、それ以外の深刻な顔を出せない理由はないです。

新種のインスタ映えが狙えるので、どんどん写真を撮ろう。今の時代、カフェスイーツより迫力モンスターの方が目立っょ★ TABUN☆

関連記事:【TGS2017】写真を撮影できるスポットがたくさん!フォトブース巡ってみたよ

美麗イラストの配布物が無料・趣向を凝らしたゲームでお役立ちプレゼントなど、とにかくもらえる

会場に入ると、あちこちのブースの方があれもどうぞこれもどうぞって配ってくれます。つい街角のコンタクトレンズ割引券の感覚で断りたくないっちゃうんですが、ちょっと待ってください。それ、新規イラストじゃないですか? それ、新情報書いてませんか? それ、めっちゃ好みじゃないですか!!?

なんか冊子の物撮り画像。スクエニか何かの
ディシディアに参戦予定の歴代FFキャラ

重さに耐えきれるのであれば、とりあえずもらっておいて損はありません。私は家に帰ってもらったものを眺めてから「見てくればよかったあああ!」と後悔をしました。

気になる配布物は全部もらおう。外では意外と手に入らない。

あとは、「自分から取ってってくださいね☆」と配布物を置いてあるブースも多いです。ものすごい見逃しがちですが、「ふおおおこれは気になるけものフレンズぱびりおん」!! となったりもするので、隅から隅まできちんと目を通しましょう。帰ってから他の方の情報で「こんなのどこに置いてあったの!?」と悔しくなったものがたくさんあります。

ラックなどにおいてある配布物にも目を光らせましょう

TGSならではのお祭り騒ぎなあれこれも見逃せませんね。私が大注目したのはお面。ひなこさんはバンドリのミッシェルのお面を入手してましたし、私はバンナムブースで刃牙のお面を入手しました。刃牙のお面は編集部の誰かが被ってくれると信じてもらってきました。これらはチラシ以上に入手の機会が限られると思うので、欲しい人は絶対に逃がさないようにしましょう。

お面の物撮りに変えてもいいよ

ゲーム会社による無料配布祭~お面もあるよ~

企画に参加すると何かがもらえる、というブースも多かったです。こちらはVR体験などのような大幅な混雑が見られなかったので、気軽に参加できるのがいいですね。ひなこさんは陰陽師の紐をひくタイプのくじに参加してましたよー。ゲームタイトルが「陰陽師」ですし雰囲気あっていいですね! 今度リリースされるPC版に役立つシリアルコードがもらえましたよ。お得情報はしっかり事前チェックしておきたいですね。

陰陽師ブースのおみくじコーナー

ゲームを楽しんだうえにいいものがもらえることもある

結構後で「あれもらっておけば…」「こんなお得な無料配布があったのか…」ってなりましたので、来年のTGSを狙っている方は2017年の情報や口コミをよく見て研究したほうがいいかもしれません。また、今年もらったものにまだ目を通してない方は通してみましょう。驚く新発見があるかも!? あの会場は新発見だらけなので見落としやすいんですよね。

ステージを横目に、私たちはひたすら彷徨った

TGSと言えば、各社の新発表満載なステージ企画を楽しみにしている方も多いですよね。私も楽しみにしていました。各社のステージは、各社のブースで行われます。私が見たところ、長くて30分という形で、1日に複数回・別のタイトルのステージが予定されているところも多かったです。つまり、分かりますね? 行く前に予定を立てないと、すべて見逃します。行ってから雰囲気で考えようとか全然甘かったです。

叶姉妹と小野坂昌也さんの公開収録見たかったなあ…

バンナムのステージはなんだか常に芸能人がいたなあ……

スクエニ盛り上がってたなあ…

そんなぼんやりした思い出の中、1つだけ絶対に観覧すると決めていたステージが。

ト

KLab株式会社のステージだけは見ることで、私とひなこさんの心は通じ合っていました。ほぼほぼアイコンタクトで話し合いしたようなものです。何せひなこさんの大好きなジャンプ系タイトルが揃ってますし、編集部で史上空前のブームが起こっているシャニライもありますからね。KLab株式会社の新発表についてはこちらをご覧ください。既存タイトルはもちろん、私はProject PARALLEL(仮)が可愛くて気になってます♡

ステージのプログラムは、普通に見たいものが重なって優柔不断は二兎をも得ず状態になってしまいます。

ステージのプログラムは各社結構びっしり。新情報を最速でキャッチしたいなら事前調査必須

これが私の一日、そして後世に伝えたい初心者の後悔です。後悔が山盛り残るくらい、TGSの会場は濃いし楽しいものでした! 来年も上の意向を完全に捻じ曲げて、私の主張を押し通しきって取材に行きたいなと強く心に決めています。来年はどんなゲームに会えるのか、今から楽しみです♡

まさみ

この記事のライター
まさみ
TGSを舐めているつもりはなかったんですが、舐めていたと言われても仕方がない気持ちを抱えています。でも、とにかく異世界感があってゲーム好きとしてはかなり楽しい空間でした! 来年の今頃はVR体験できなかったラブプラスEVERYもリリースしているでしょうし、何を楽しみにして行くんでしょうか。予想がつきません。