スマホで見つける、もっと可愛い私

【iPhone】自撮り(セルフィー)のコツは?可愛い写真を撮ろう♡

【iPhone】自撮り(セルフィー)のコツは?可愛い写真を撮ろう♡

みなさんは、iPhoneのインカメラで自撮りを楽しんでいますか?

自撮りをしている人なら、「もっと可愛い写真を撮りたい」と思うことも多いでしょう。

背景や表情など、いろんなことにこだわってオリジナリティあふれる写真に仕上げるのはとても楽しいです。

また、自撮りの際は背景や表情だけでなく、カメラの設定やアプリにもこだわりたいところ。

今回は、iPhoneを使って自撮りしている人は絶対に覚えておきたいカメラの使い方やおすすめのアプリをご紹介していきます。

Contents[OPEN]

【iPhone】自撮り(セルフィー)をしたい!基本の方法

可愛い自撮りをするためには、まずは基本をおさえておきたいところです。

ここからは、iPhoneで自撮りをする際に知っておきたい基本的なことを見ていきます。

カメラの使い方などをおさらいしていきましょう。

インカメラに切り替える方法

iPhoneには前面と背面にカメラが設置されています。

どちらも性能が高く、素敵な写真を撮れるのが特徴です。

景色を撮影するなど、背面カメラの使い道は言うまでもありませんよね。

では、前面のインカメラの使い道とはどのようなものなのでしょうか。

最も多いのは自撮りでしょう。

自分の顔や姿を撮影して楽しむというもので、普通のカメラより手軽に楽しめるのが魅力です。

撮影画面を見ながらシャッターを押せるので、インカメラは自撮りに最適。iPhoneのカメラ機能は、インカメラと背面のアウトカメラをタップ1つで切り替えられます。

インカメラに切り替え

可愛い自撮りをするための基本中の基本動作なので、まずはインカメラに切り替える方法を覚えておきましょう。

シャッターボタンで撮影をする

インカメラに切り替えたら、好きな表情、ポーズを決めてください。

自撮りは自由です。

こうしなければならないという「決まり」はありませんので、自分らしさを全開にしてフレームに収まりましょう。

綺麗にフレームに収まったら、シャッターボタンをタップ。

これで自撮りは完了です。

出来上がった写真を見て満足するもよし、もう少し可愛くできそうと感じたら撮影し直すもよしですよ。

音量ボタンで撮影をする

手の大きさやiPhoneのサイズによっては、シャッターボタンをタップしにくいということもありますよね。

そんなときに覚えておきたいのが、音量ボタンによる撮影です。

iPhoneは音量ボタン押すことでもシャッターを切れるので、画面をタップしづらい状況のときはぜひ試してみてください。

動画の撮影中に自撮りする

撮影は一瞬です。

まばたきしてしまったり、思っていたポーズができていなかったということも珍しくありません。

なかなか上手に撮影できないと思ったときは、動画に切り替えてみましょう。

動画で可愛い瞬間を探しながら、「これだ!」と思った瞬間を撮影するのです。

この方法はなかなか上手に可愛さを捉えられない場合にとても有効なので、自撮り初心者でも素敵な1枚を残しやすくなりますよ。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。