スマホで見つける、もっと可愛い私

おうちWi-Fiで一人暮らしを楽しく!節約しながらネットを沢山使おう!

おうちWi-Fiで一人暮らしを楽しく!節約しながらネットを沢山使おう!

スマホやPCでネットをする時間が多くなる一人暮らしではWi-Fiの存在が欠かせません。

ですが、いざ買おうと思っても契約先やプランがたくさんありすぎて一体どれが良いのか分からない…となってしまがちです。

契約先やプランをよく考えずに購入してしまうと、1人だけなのに予想以上の料金が掛かってしまうこともあるかもしれません。

この記事では、一人暮らしでWi-Fiを買いたい方に向けて、おすすめのWi-Fiや、プラン契約先からWi-Fiの扱い方ルーターの種類まで詳しくご紹介します!

今使っているWi-Fiが不満で買い替えたい方もぜひご覧ください。

Contents[OPEN]


Wi-Fiって一人暮らしには必要なの?

そもそも、「一人暮らしにWi-Fiは必要なの?」という疑問を持つ人もいるかもしれません。

また、「Wi-Fiがよくわからないし面倒そう」という理由で使わない人もいるでしょう。

しかし、一人暮らしでもWi-Fiを使うメリットはあります。

【Wi-Fi】一人暮らしで使うメリット

普段の利用で、インターネットなどをよく利用し、データ量が足りていない人にとっては、Wi-Fiは必要不可欠なアイテムでしょう。一人暮らしでも、携帯キャリアで契約している通信量ではギガが足りない!という人はすでにWi-Fiを繋いでいる人も多くなりました。

Wi-Fiを接続することで、電波の届く範囲にいると、プランによっては無制限でデータ通信をすることもできます。

またWi-Fiは、スマホだけではなくPCやタブレット、そしてゲーム機などにも、接続することができるため、1つあれば複数のデバイスで使えてお得感もあります。

一人暮らしの人の中には、Amazon PrimeビデオやNetflix、Huluなどでオンライン配信されているコンテンツを見るためにテレビを契約してない人もいるのではないでしょうか?Wi-Fiがあればギガを気にせず、これらの動画配信も楽しめちゃいます。

一人暮らしでWi-Fiを使用するメリット

  1. スマホのデータ使用量の心配をする必要がなくなる
  2. プランによっては無制限でWi-Fiを使える
  3. Wi-Fi1つで複数のデバイスをネットに繋げられる
  4. Wi-Fiがあればオンラインコンテンツを見る機会が増えるため、テレビ等にかかる料金の節約ができる

Wi-Fiが元々使えるマンション・アパートがある

一人暮らしを始めたらWi-Fiは自分で用意しなくてはいけないのかと言うと必ずしもそうではなく、住んでいるアパートやマンションによっては自動的に使えるところもあります。

インターネット利用者が増えたこともあり、賃貸物件情報に「こだわり条件」などとして掲載されていることが多いです。

また、住んでいるマンションやアパートの壁面に「インターネット無料」「Wi-Fi無料」という張り紙がされていることもあります。

もう一度自宅の契約を見直すと、実は無料で使えると記載があるかもしれません。

ただ、Wi-Fiが元々使える建物だったとしても、ルーターが用意されていなければ使うことができません。

スマホなどの端末に電波を接続させるためにはルーターが必要です。ルーターを取り付けてもらえない場合は、自分で準備する必要あります。

ちなみにルーターは、家電量販店などで2000円前後の安いものもあり、比較的手軽に手に入れることができますよ。

Wi-Fi契約の種類や料金は?テザリングとの違いも!

Wi-Fiにはたくさんの種類があります。また、どの契約先を選ぶかによって料金形態や通信速度などにも大きな違いがありますよね。

実際にどれを選んだら良いのか悩んでいる人もいるでしょう。

今からご紹介するのは、そんな人にも役立つそれぞれの種類の違いについてご紹介していきます。

また、スマホなどの携帯回線を使った「テザリング」との違いについてもお話ししていきます。

【モバイル回線】料金・通信速度・工事・引っ越しへの影響は?

まずは、モバイル回線についてご紹介していきます。

ここでお話しするモバイル回線とは、携帯(モバイル)回線を使って契約のできる「ポケットWi-Fi」や「ポケットWi-Fi HOMEルーター」についてです。

ポケットWi-Fiの中にも2種類あり、それは一般的に「ポケットWi-Fi」として馴染みのある持ち運びのできるものと、自宅での利用を専用とする「ポケットWi-Fi HOMEルーター」です。

持ち運びができるものについては、見たことがある人も多いでしょう。

ポケットWi-Fi

自宅だけでなく、お外でもWi-Fiを使いたい人向けの端末です。

自宅専用のものは、それよりもサイズが大きくなります。

ポケットWi-Fi HOMEルーター

家でのみインターネット環境が欲しい人向けで、持ち運びができる小型のものより端末の性能が良いです。

モバイル回線のものは、契約は必要ですが工事がありません。

これはメリットですね。

引っ越しのときも、特に手続きは不要でそのまま引っ越し先に運ぶだけで使えるようになるので影響はありませんよ。

通信速度については、契約する会社や購入した端末によって変化します。

また、端末を利用する場所によっても電波の入り方が変わり、基本的にスマホなどと同じ感じだと覚えておくと良いです。

【モバイル回線】料金パターン

みなさんが共通して気になることは、「毎月いくらくらいかかるのか?」ではないでしょうか。

料金については、契約するキャリアによって違いますが、大きく分けて2つのパターンに分かれます。

POINT

  1. 携帯とデータ量をシェア
  2. 単独で使う

1つ目は、携帯とセットでデータ量を使うパターンです。

これは、契約している携帯とポケットWi-Fiで1つの契約データ量を分け合うものです。

例えば、スマホで通信量を30GB使える設定にしているのであれば、その30GBをスマホとルーターの2台で使うことになります。

そうすることで、ルーターの月額料金を安く抑えることができるのです。

金額は1,000円前後で設定しているところが多いです。

しかし、データ量はシェアなので増えることはありません。

そのため、Wi-Fiを使って通信をたくさんしたい人には向かないでしょう。

2つ目は、ポケットWi-Fi単独で通信量を決めるパターンです。

携帯事業者それぞれで、単独契約できるプランが用意されています。

これを選ぶと、料金は少し高くなりますが無制限でデータ量が使えるプランなどもありますよ。

そのため、データ量をたくさん使いたい人はこのパターンを選ぶと良いでしょう。

月額料金は、平均4,000円〜5,000円ほどで設定されていることが多いです。

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。